Skip to content
  • KOSPI 3133.64 +8.40 +0.27%
  • KOSDAQ 1034.82 -2.21 -0.21%
  • KOSPI200 410.97 +1.13 +0.28%
  • USD/KRW 1175.3 -6.40 -0.54%
  • JPY100/KRW 1,060.79 -10.66 -1.00%
  • EUR/KRW 1,377.45 -10.10 -0.73%
  • CNH/KRW 181.89 -0.30 -0.16%
View Market Snapshot

Kポップ MAMAMOO エンターテインメント企業 RBW コスダック

MAMAMOO所属「RBW」、コスダック上場狙う

By Jul 13, 2021 (Gmt+09:00)

MAMAMOO所属「RBW」、コスダック上場狙う


KポップスターMAMAMOOが所属するエンターテインメント企業「RBW」が、コスダック市場への上場に乗り出す。昨年のハイブ上場以来1年ぶりに登場した「エンター公募株」が、再び投資家たちの視線を集めるかどうか注目される。

RBWは12日、韓国取引所にコスダック市場上場のための予備審査を請求した。審査過程で特別な欠格事由が見つからなければ、年内に証券市場入りする見通しだ。公募予定株式数は125万3000株だ。未来(ミレ)アセット証券が上場主管を引き受けている。

RBWは、2010年に設立した総合エンターテインメント企業で、MAMAMOOをはじめブロマンス、ワンアース、ウィンウィなどを所属歌手として抱えている。キム·ドフン代表をはじめ、ファン·ソンジン、イ・サンホ、クォン·ソクホン、キム・ヒョンギュなど国内有名作曲家たちがプロデューサーとして活動している。国内最高水準の音源制作能力を備えているという評価を受けている。現在、キム·ドフン代表は、音源制作や歌手育成を、金ジンウ代表は会社経営や海外事業などをそれぞれ総括している。 

同社は、14年のMAMAMOOデビュー以後、引き続き規模を拡大している。昨年は、売上372億ウォン(約36億円)、営業利益76億ウォン(約7億円)を上げた。前年よりそれぞれ33.6%、48.3%増加した。MAMAMOOの高い人気が続いており、当面好実績を維持するという観測が力を得ている。RBWはこのような成長の勢いを武器に、相当前から複数のベンチャーキャピタル(VC)からも投資を受けてきた。現在、KTBネットワークや韓国投資パートナーズ、ポスコ技術投資、NHNインベストメントなどが主要株主となっている。

IPO市場では、昨年の「ハイブ」に続き、スター歌手が所属しているエンターテインメント企業が、証券市場に華やかに進出できるかどうかに注目している。ハイブは昨年10月、熱い関心を追い風に公募過程で年俸を5兆ウォン台に認められた。12日基準の時価総額は11兆9739億ウォンに上る。ただ、「HiveがBTS(BTS)への依存度が高い」というレッテルが貼られていたように、RBWも特定の所属歌手への依存度が高いことは負担要因になるという評価だ。

 記者 キム・ジンソン jskim1028@hankyung.com

Comment 0

0/300