Skip to content
  • KOSPI 2633.19 -76.05 -2.81%
  • KOSDAQ 856.72 -25.37 -2.88%
  • KOSPI200 351.02 -9.81 -2.72%
  • USD/KRW 1197 -0.80 -0.07%
  • JPY100/KRW 1,043.36 -8.26 -0.79%
  • EUR/KRW 1,345.55 -8.32 -0.62%
  • CNH/KRW 189.12 0.02 0.01%
View Market Snapshot
セルトリオン レッキローナ 

セルトリオン「レグキロナ」、欧州9か国に5万人分輸出

By Dec 01, 2021 (Gmt+09:00)

セルトリオン「レグキロナ」、欧州9か国に5万人分輸出

韓国のバイオ企業「セルトリオン」が、独自開発したコロナ抗体治療剤「レグキロナ」(成分名レグダンビマップ、写真)のグローバル市場攻略が本格化している。最近、欧州医薬品庁(EMA)の正式品目許可を機に、世界的な販路が急速に拡大している。

○47か国とも契約交渉

レグキロナの世界販売を担当するセルトリオンヘルスケアは「欧州9か国に輸出される5万人投与分(15万バイアル)を年内に出荷する計画」と11月30日、明らかにした。会社側は、9か国がどこなのかは公開しなかった。供給契約を先に交わしたこれらの国々のほか、47か国とも輸出交渉を行っていると、会社側は説明した。地域は、欧州だけでなくアジアや中南米、中東などと多様だ。セルトリオンヘルスケア関係者は「多様な国からレクキローナ供給の問い合わせが増えており、輸出拡大が期待される」と述べた。

レグキロナの需要増加は、コロナの拡散傾向が続く中で、高い効能·安全性が保障されたためだ。まず、欧州でコロナの再拡散傾向が顕著だ。15-21日に欧州で、新規コロナ感染が確定したのは約243万人で、1週間前より11%も増えた。全世界の感染患者の67%にあたる。何よりも韓国国内で2万人以上の患者に投与された処方記録が輸出拡大の原動力に作用しているという分析だ。会社関係者は「レグキロナの治療効能と安全性を立証できる処方テータが蓄積され、信頼度が高まっている」と述べた。

セルトリオンは、このような信頼度を基に、米市場への進出も打診している。 米食品医薬品局(FDA)と精神品目許可申請前の協議を進めている。

記者 ハン·ジェヨン jyhan@hankyung.com



Comment 0
0/300