Skip to content
  • KOSPI 2663.34 +48.85 +1.87%
  • KOSDAQ 872.87 +23.64 +2.78%
  • KOSPI200 357.98 +9.40 +2.70%
  • USD/KRW 1202.4 5.40 0.45%
  • JPY100/KRW 1,042.8 -0.56 -0.05%
  • EUR/KRW 1,340.07 -5.48 -0.41%
  • CNH/KRW 189.34 0.22 0.12%
View Market Snapshot
映画『スパイダーマン:ノーウェイホーム』 現代自動車 アイオニック5 ツーソン

映画『スパイダーマン』で現代自「アイオニック5」がアクション

Nov 23, 2021 (Gmt+09:00)

映画『スパイダーマン』で現代自「アイオニック5」がアクション


来月15日に韓国で公開予定の『スパイダーマン:ノーウェイホーム』に現代(ヒョンデ)自動車の「アイオニック5」と「ツーソン」が登場する。

現代自は、「アイオニック5」や「ツーソン」が映画の中の主要シーンに登場し、車両アクションシーンを披露すると、23日発表した。現代自は昨年5月、映画「スパイダーマン」の製作会社、メディアグループ·ソニーピクチャーズと戦略的パートナーシップを結んだ。 今回の公開作品は両社が協力した初の作品だ。

今年8月に初めて公開されたスパイダーマンの予告映像は、1日で閲覧数が3億5500万回を記録した。歴代映画予告編の中で最高値で、従来1位の「アベンジャーズ:エンドゲーム」(2億8900万回)を大きく上回った。

現代自が22日に別公開した広告映像を見ると、スパイダーマンはアイオニック5に乗った友人ネドリーズに「(ニューヨークまで)300マイル(約482キロ)をどうやって行くの?」と尋ねる。アイオニック5が、1回の充電で300マイルまで走れることを強調したものと見られる。

現代自は、スパイダーマン映画と関連した知的財産権を活用したマーケティングを推進する計画だ。映画監督ジョン·ワッツ、主演俳優トム·ホランドと、映画の中の隠れた物語を見るような「アイオニック5」広告を制作することにした。

現代自は、来年2月に公開予定の「アンツァーテッド」、来年下半期に公開する「スパイダーマン:ニューユニバース」でも多様なマーケティングを展開する。業界関係者は「消費層が多様なヒーロー映画に引き続き登場し、親しみやすいブランドイメージを構築していくマーケティング戦略」と話した。

記者

キム·ヒョンギュ khk@hankyung.com

Comment 0
0/300