Skip to content
  • KOSPI 2790.99 -43.30 -1.53%
  • KOSDAQ 917.74 -25.11 -2.66%
  • KOSPI200 371.05 -5.03 -1.34%
  • USD/KRW 1193.6 3.20 0.27%
  • JPY100/KRW 1,049.36 5.20 0.50%
  • EUR/KRW 1,353.54 6.78 0.50%
  • CNH/KRW 188.04 0.39 0.21%
View Market Snapshot
ネイバー 最高経営者CEO

ネイバー次期CEOに81年生チェ•スヨン氏を抜擢

By Nov 18, 2021 (Gmt+09:00)

ネイバーの新司令塔をMZ世代(1980年代初めから2000年代初めに生まれた世代)のチェ·スヨングローバル事業支援部責任リーダーが担う。ネイバーは17日、取締役会を開き、グローバル事業支援の責任者であるチェ·スヨン責任リーダーを最高経営者(CEO)に内定したと明らかにした。チェ責任リーダーは1981年生まれでソウル大学工学部を出てNHN(現ネイバー)に勤め、延世(ヨンセ)大学法学専門大学院、米ハーバード大学ロースクールなどで勉強した。法務法人ユルチョンでしばらく仕事をし、2019年、ネイバーに再び合流してからは、創業者の李海珍(イ·へジン)グローバル投資責任者(GIO)を手助けし、海外投資事業支援業務を引き受けてきた。

ネイバーCEOに内定したチェ·スヨン氏(ニュース1)
ネイバーCEOに内定したチェ·スヨン氏(ニュース1)

次期最高財務責任者(CFO)には、事業開発や投資、買収合併(M&A)を引き受けたキム・ナムソン責任リーダーが内定した。1978年生まれのキム内定者は、ソウル大学工学部やハーバードロースクールを卒業し、米法律事務所やグローバル投資会社に勤務し、昨年8月、ネイバーに合流した。チェ責任リーダーは来年3月に開かれる株主総会の承認と取締役会の決議を経て、次期代表に最終選任される。ネイバーは、キムリーダーの任期もCEOの任期に合わせることを検討している。

2人の責任リーダーは「ネイバートランジションタスクフォース(TF)」を稼働させ、グローバル経営を本格化させ、組織文化改善のための新たなリーダーシップ構築と組織体系改編にも拍車をかける予定だ。

チェ責任リーダーが率いるネイバーは、海外市場への攻略を強化する見通しだ。コンテンツ分野では、ウェブトゥーンやウェブ小説、メタバース分野では、「ゼペット」を掲げ、海外ユーザーと売上を拡大する計画だ。組織文化の改善も新任代表の主要課題だ。今回のネイバーのリーダーシップ交替のきっかけは、今年5月に発生した職場内いじめ事件だ。オンライン商取引事業の成長を導くのも責任リーダーの役割だ。最近、ネイバーの商取引事業が、ネイバーの業績向上を牽引している。

ハン·ソンスク現代表と既存経営陣は、来年3月まで現職を維持しながら業務を引き継いだ後、それぞれ専門性を活用してネイバーがグローバル挑戦を続けられるよう必要な役割を果たす予定だ。ハン代表は、グローバル商取引事業、パク・サンジンCFOはネイバーフィナンシャルへの異動が有力だ。

ネイバーの社員らが京畿道城南市盆唐区の本社に出勤している(韓経 DB)
ネイバーの社員らが京畿道城南市盆唐区の本社に出勤している(韓経 DB)

ネイバーの役員のうち、若手に属するチェ·スヨングローバル事業支援部責任リーダーが代表に内定し、ネイバーは再び革新に乗り出す見通しだ。新任最高財務責任者(CFO)内定者の核心役割は「グローバル領土」拡張だ。

ネイバーは、今回のリーダーシップ選定の重要基準を、グローバル事業だと説明した。ネイバー側は「取締役会と経営陣はネイバーが会社内外の多様な事業でさらに頼もしいグローバル前進基地としての役割を果たすべきという目標を掲げた」とし「次期ネイバーCEOに求められる役割と資格要件も再確立し、これに合う候補を持続的に検証した」と説明した。

○海外事業強化

チェ責任リーダーは最近、ネイバーが強く推進している海外事業に拍車をかける見通しだ。 ネイバーは、コンテンツ分野ではウェブトゥーンやウェブ小説を掲げ、グローバル市場を攻略している。最近、北米地域のネイバーウェブトゥーンの月間ユーザー数は、初めて1400万人を突破した。メタバースサービスは、ネイバーの新たなビジネスとして浮上している。 ゼペトのグローバル加入者数は、第3四半期は2億4000万人を超えている。1年前より40%以上増加している。ネイバーは、海外オンライン商取引サービスも年内に本格的に開始する。ネイバーのショッピングモール「スマートストア」は、9月から日本で販売者を募集している。

チェ責任リーダーの前には、グローバル事業のほかにも、処理しなければならない課題が山積している。チェ責任リーダーは別名「ネイバートランジションタスクフォース(TF)」を稼働させ、組織文化改善のための新たなリーダーシップを構築する計画だ。ネイバーの関係者は「2人ともネイバーで合流して2年も経たないうちに、事実上外部の人物と見ることができる」とし「ネイバーの古い組織体系を革新するのに適任者という評価」と述べた。

○代表、来年3月まで勤務

最近、ネイバーの成長をリードしているオンライン商取引部門の成長を続けることも、最責任リーダーの主要課題だ。ネイバーは、小商工人と共に成長する方式で、オンライン上取引事業を拡大している。スマートストアに出店した会社は47万社に上る。インターネット業界の関係者は「ウェブトゥーン、ショッピングなどネイバーの既存サービス便宜性を高めた人工知能(AI)研究を持続的に督励するのも新代表の役割」と説明した。オンラインプラットフォーム公正化法導入推進など政府と政界の情報技術(IT)プラットフォームに対する規制強化対応も最責任リーダーの懸案とされる。

この4年間、ネイバーの成長を牽引したハン代表は、来年3月まで、業務の引継ぎを支援する予定だ。その後は、ネイバーがグローバルチャレンジを続けていけるよう、必要な役割を引き受ける計画だ。最近、ネイバーが海外市場への攻略を開始したグローバルオンライン商取引事業を引き受けることになるという。16年からネイバーの金庫番の役割をしてきたパク·サンジンCFOは、系列会社のネイバーフィナンシャルに移る見通しだ。

記者 キム・ジュワン kjwan@hankyung.com




Comment 0
0/300