Skip to content
  • KOSPI 3133.83 +8.59 +0.27%
  • KOSDAQ 1034.01 -3.02 -0.29%
  • KOSPI200 410.75 +0.91 +0.22%
  • USD/KRW 1175.3 -6.40 -0.54%
  • JPY100/KRW 1,060.79 -10.66 -1.00%
  • EUR/KRW 1,377.45 -10.10 -0.73%
  • CNH/KRW 181.89 -0.30 -0.16%
View Market Snapshot

クレフトン 企業公開(IPO) コンテンツ企業 買収合併(M&A)

韓国ゲーム「クレフトン」コンテンツ企業買収狙う

Jul 27, 2021 (Gmt+09:00)

クレフトンの人気ゲーム「バトルグラウンド」
クレフトンの人気ゲーム「バトルグラウンド」
韓国のゲーム会社「クレフトン」が企業公開(IPO)で調達した資金を活用し、国内外のコンテンツ企業の買収合併(M&A)に乗り出す。ゲームだけでなく、映画、ウェブトゥーン、ウェブ小説の製作まで事業領域を拡大し、グローバルコンテンツ企業に跳躍するという目標だ。

クラフトンは26日、オンライン上での懇談会を開き、上場後の計画を初めて公開した。2007年に設立された同社は、パブスタジオが開発したシューティングゲーム「バトルグラウンド」が成功し、グローバルゲーム会社となった。バトルグラウンドは世界で5番目に多く売れたゲームで、「オープンワールドバトルロイヤル」という新しいゲームジャンルを開拓したという評価を受けている。 米国と中国市場で同時に1位を記録した唯一のゲームでもある。

 クラフトンはバトルグラウンドのストーリーをウェブトゥーン、アニメーション、映画など多様なメディア形式でコンテンツ化する計画だ。このため「ザ·グレイ」「ロンサバイバー」などグローバル興行作を製作したアディシャンカを迎え入れた。最近では、バトルグラウンドの誕生秘話を描いたドキュメンタリー『ミステリーアンノウン』と俳優マ·ドンソク主演の短編映画『グラウンドゼロ』も公開した。ゲームとシナジー効果を出しながら持続成長を果たすためには、エンターテイメント市場を攻略しなければならないという判断からだ。クラフトンのチャン·ビョンギュ議長は「コンテンツ分野では経験が浅いが、私たちには拡張性のある強力な武器であるゲームがある」とし「急変するメディア環境と顧客のニーズに応えるために新しい挑戦をする」と説明した。キム·チャンハン代表も「従来のファンに新しい楽しみを提供することでパブジ·ユニバースを拡張するのが目標」と述べた。
チャンビョンギュ議長
チャンビョンギュ議長
クラフトンは、今回の上場で最大約4兆3000億ウォン(約4134億円)を調達する。10年上場したサムスン生命(4兆8881億ウォン)に続き、国内IPO史上2番目の規模だ。公募資金の70%はM&Aに投入する。潜在力のある知的財産権(IP)とゲーム開発の力量を備えたスタジオなどに投資する計画だ。残りは、インドや中東、北アフリカ市場の拡大やディープラーニングなど、人工知能(AI)の研究開発(R&D)に使う。新作ゲームもお目見えする。 「バトルグラウンド:ニューステート」は9月に、サバイバルホラーゲーム「カリストプロトコル」は来年の夏に発売される予定だ。作家イ·ヨンドのファンタジー小説に基づいた「涙を飲む鳥」のゲームも制作している。

○「グローバルゲーム市場に投資するチャンス」

クラフトンはこの日、公募価格が高く策定されたという指摘に反論した。クラフトンの希望公募価格は40万~49万8000ウォンで、公募価格上段基準時価総額は25兆ウォンに達する。国内ゲームの代表格であるネクソン(21兆6000億ウォン)やNCソフト(18兆2000億ウォン)より高く評価を巡る議論が起きた。ペ·ドングン最高財務責任者(CFO)は「一部投資家の間では低く評価されたという話もある」とし「グローバル投資家が高い関心を示し、機関投資家を対象にした需要予測でもヒットしたと自信を持っている」と述べた。 張議長は「クラフトン上場は国内投資家がグローバルゲーム市場に投資する良い機会」とし「サムスン電子も韓国市場だけを見ればそんな時価総額と規模が出てこない」と述べた。

全体売上高で中国依存度が高いことについても釈明した。クラフトンは、今年第1四半期基準の売上の71.8%が中国テンセントから出た。ペCFOは「テンセントが中国でバトルグラウンドIP基盤「和平正英」をサービスし、クラフトに手数料を支払っており、その他にも北米·東南アジアなどでバトルグラウンドモバイルをパブリッシングし、売上に貢献している」とし「実際の利用者基準で見ると、中国の顧客は半分にも及ばない」と述べた。

クラフトンは27日までに機関投資家を対象に需要予測を終え、29日公募価格を確定する。 8月2-3日、一般投資家を対象に申し込みを受け付ける。代表主管社の未来(ミレ)アセット証券、共同主管社のNH投資証券、買収会社のサムスン証券から申し込みができる。証券会社3社で重複申請が可能だ。 公募株式数は計865万4230株だ。 8月初め有価証券市場に上場する。

記者

ク·ミンギ

Comment 0

0/300