Skip to content
  • KOSPI 2994.81 -48.68 -1.60%
  • KOSDAQ 908.54 -17.66 -1.91%
  • KOSPI200 407.59 -6.58 -1.59%
  • USD/KRW 1126.2 3.30 0.29%
  • JPY100/KRW 1,042.83 -6.17 -0.59%
  • EUR/KRW 1,347.5 -7.00 -0.52%
  • CNH/KRW 174.03 0.40 0.23%
View Market Snapshot

韓国オリオン、インドに製菓工場設立

Feb 23, 2021 (Gmt+09:00)

オリオンのインド工場(オリオン提供)
オリオンのインド工場(オリオン提供)

  韓国の製菓大手「オリオン」が、世界2位の人口大国であるインドに製菓工場を設立した。 現地生産で物流コストを節減し、市場需要に早く対応するという戦略だ。 

  オリオンは、インド·ラジャスタン州ビワディ地区に延べ面積1万7562平方メートル規模の製菓工場を竣工し、製品生産を始めたと23日、明らかにした。 オリオンインド工場は、中国(5ヵ所)、ベトナム(2ヵ所)、ロシア(2ヵ所)に次ぐ10番目の海外生産基地だ。 オリオンは中国、ロシア、ベトナムで現地人の口に合う製菓製品を開発し、注目を集めた。 インドでも同じ戦略を駆使するものとみられる。   

  オリオンのインド事業進出構想は2年4カ月前にさかのぼる。 2018年10月、インド法人「オリオンニュートリショナルス」を設立した。 14億人の人口を誇るインドは製菓市場の規模だけで年間17兆ウォン(約1兆6000億円)に達する。製菓業の成長初期段階で、発展の可能性が無限にあるという点もポイントだ。

  オリオンは、インドに法人を設立していたが、製品生産工場はなかった。 現地の流通チャンネルにオリオン製品を紹介するのは難しかった。最も近いベトナム工場で製品を受け取って少量流通·販売するやり方でインド市場の扉をたたいた。

オリオンのインド工場着工記念式(オリオン提供)
オリオンのインド工場着工記念式(オリオン提供)

  オリオンは、安定的な工場運営のため、現地企業を積極的に活用した。工場施設はオリオンが所有するが、生産は直接しない。インド企業「マンベンチャーズ」に工場運営を任せた。 マンベンチャーズは1989年からグローバル食品企業のモンデリーズ、ユニリーバの製品を委託生産(OEM)して成長してきた食品製造企業だ。オリオンインド法人は営業やマーケティングを担当する。 オリオンの関係者は「インドは州ごとに法令と流通体系が違うため、オリオンが直接製品を生産するよりはノウハウを備えた現地業者が生産した方が効率的」と説明した。  

  韓国メーカーでは、ロッテ製菓が先にインド市場に進出している。04年、インドの製菓企業·パリスを買収し、現地でチョコパイ製品を生産している。オリオンも、インド新工場の主力生産品目をチョコパイに決めた。 韓国の製菓メーカー1、2位を争うオリオンとロッテ製菓が、インド市場をめぐってチョコパイで再び対決することになった。


パク・ジョンピル記者  jp@hankyung.com

Comment 0

0/300