Skip to content
  • KOSPI 3012.95 -86.74 -2.80%
  • KOSDAQ 913.94 -22.27 -2.38%
  • KOSPI200 409.91 -12.61 -2.98%
  • USD/KRW 1108.4 -1.80 -0.16%
  • JPY100/KRW 1,043.15 -5.15 -0.49%
  • EUR/KRW 1,349.86 -0.92 -0.07%
  • CNH/KRW 171.86 0.02 0.01%
View Market Snapshot

カナダ 年金基金の投資

400兆ウォン運用するカナダの機関投資家、韓国企業に3000億ウォン投資

Dec 17, 2020 (Gmt+09:00)

カナダの大手機関投資家が韓国のチキン産業の成長性に投資した。投資対象はチキンフランチャイズのbhcなど外食ブランドを持つbhcグループだ。今回の投資誘致過程でbhcグループの企業価値は2年前より3倍近く上がった約1兆8000億ウォンと評価された。海外の年金基金が韓国企業に直接投資するのは異例だ。

16日の投資銀行業界によると、カナダのオンタリオ年金は韓国のプライベート・エクイティ・ファンド(PEF)のMBKパートナーズ・スペシャルシチュエーションファンド(SSF)と組んでbhcグループの新たな投資家として参加することにし、出資持ち分売買に向けた契約(SPA)を結んだ。オンタリオ年金の投資規模は約3000億ウォンだ。全取引規模は1兆8000億ウォンに達する。既存の投資家であるMBKとパク・ヒョンジョンbhcグループ会長も今回の取引に参加した。

これに伴いbhcグループの株式の100%を保有する既存の特定目的会社(SPC)のグローバルレストラングループ(GRG)はMBK、パク会長とともにオンタリオ年金など新たな投資家が参加する新たなSPCに交替される予定だ。パク会長が2018年12月にMBK、エレベーションPEなどとともにbhcグループを6800億ウォンで買収してGRGを設立してから2年ぶりだ。MBKとパク会長、オンタリオ年金などは新しいファンドに9650億ウォンを出資し、残りの8500億ウォンは引受金融を通じて調達する予定だ。

bhcグループは2年で企業価値が3倍近くに上がった。bhcグループは韓国2位のチキンフランチャイズ企業のbhcを中心に、牛肉専門食堂の倉庫43、クンマムハルメスンデグク、グラムグラム、プルソ食堂の5つの外食フランチャイズブランドを運営している。ジェネシスBBQグループの子会社だったが、2013年に米国系PEFのロハティン・グループに売却された。サムスン電子出身のパク会長はBBQを経てbhcの新たな専門経営者として招かれた。彼は業界10位圏だったbhcを4年で2位に引き上げ経営能力を認められた。するとパク会長は2018年にMBK、エレベーションPEとともに直接経営権を買収した。韓国最大規模の経営陣買収(MBO)取引で注目された。

bhcは新メニュー開発と物流効率化に集中した。bhcが発売した新メニューの「プリンクル」「マッチョキング」などは10~20代の若い層を中心に人気がある。チーズボールなどサイドメニューを多様化した点も売り上げを高めた主要因だ。全国の加盟店数は2017年の1450店から昨年は約1500店まで増えた。BBQに次いで2番目に多い。

今年は過去最大の実績を記録する見通しだ。MBKとパク会長が買収する前の2017年より営業利益は2倍近くに上がった。2017年に売り上げ3300億ウォン、キャッシュフロー創出力を示す償却前営業利益(EBITDA)850億ウォン水準だったが、今年は売り上げ4500億ウォン、EBITDA1400億ウォンを記録すると予想される。

金采衍 記者

Comment 0

0/300