Skip to content
  • KOSPI 3202.32 -40.33 -1.24%
  • KOSDAQ 1031.14 -12.99 -1.24%
  • KOSPI200 423.91 -5.58 -1.30%
  • USD/KRW 1147.4 -7.40 -0.64%
  • JPY100/KRW 1,048.48 -2.34 -0.22%
  • EUR/KRW 1,364.6 -3.32 -0.24%
  • CNH/KRW 177.12 -0.12 -0.07%
View Market Snapshot

文在寅政権 住宅価格

文政権の4年で住宅時価総額42.9%増

文在寅(ムン・ジェイン)政権になって、住宅時価総額が1700兆ウォン以上増えたことが分かった。増加幅としては歴代政権で最大だ。住宅需要を減らす政策だけに固執し、供給は疎かにした不動産失政の結果と分析されている。韓国銀行と統計庁が22日に発表した「2020年国民貸借対照表」によると、韓国国内の住宅(住宅付属土地含む)相場の合計である住宅名目時価総額は昨年末、5721兆6672億ウォンだった。19年末より662兆4760億ウォン(13.1%)増えた。昨年の増加率は、盧武鉉政権時代、住宅価格が高止ま

Jul 23, 2021 (Gmt+09:00)

12